logo
Kickstarter

Raspberry Piタブレット「RasPad」がキックスターターで人気--目標の30倍弱を集金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 科学・技術・工学・数学(STEM)教育に対する関心が高い影響か、子ども向けのプログラミング教材をよく見かける。そんな例の1つとして、以前「Raspberry Pi」ベースのデスクトップPC「pi-topCEED」を取り上げた。

 今回は、同じコンセプトのデバイス「RasPad」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。


Raspberry Piベースのタブレット(出典:Kickstarter)

 RasPadは、Raspberry Piをベースとするタブレット。マルチタッチ対応の10.1インチ(1280×800ピクセル)画面を搭載し、HDMI端子で外部ディスプレイにも表示できる。259.6×169.98×48.68mmとやや大振りだが、 Chromium OSやAndroid OS、Linuxなど好みのOSをインストールして、一般のタブレットと同じく持ち歩いて使える。バッテリ容量は6000mAhあり、3時間の使用が可能という。


さまざまなインターフェイス(出典:Kickstarter)

 ビジュアルプログラミング用の開発ソフトウェアが付属しており、初心者でも分かりやすいビルディングブロックのドラッグ&ドロップ操作でプログラムを組める。デスクトップPCと違って場所を選ばず使えるので、プログラミング学習に適しているだろう。

 また、汎用入出力端子GPIOにアクセス可能。既存のRaspberry Pi用ハードウェアと組み合わせたり、各種センサや出力モジュール、自作ハードウェアと接続したりすれば、Raspberry Piの拡張性を存分に活用できる。

ロボットアームを制御したり(出典:Kickstarter)
ロボットアームを制御したり(出典:Kickstarter)
楽器を作ったり(出典:Kickstarter)
楽器を作ったり(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間4月4日まで。記事執筆時点(日本時間3月13日12時)でキャンペーン期間は22日残っているが、すでに目標金額1万ドル(約106万3800円)の33倍を上回る約33万5000ドル(約3563万円)の資金を集めている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]