logo

フォルクスワーゲン、EVに充電ケーブルを接続するロボット--無人充電を可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォルクスワーゲン(VW)は、電気自動車(EV)などに対する充電を自動的に実行する充電支援ロボット「CarLa」を、スイスで開催中のジュネーブ国際自動車ショーにて披露した。


EVへの充電を自動的に実行するロボット(出典:VW)

 CarLaは、EVや充電の必要なハイブリッド車(HV)を認識したら、車側の充電口を開き、充電用ケーブルを接続して充電する、といった一連の作業を実行するロボット。ロボットによる自動生産技術を手がけるドイツ企業のKUKAと共同開発した。

 EV充電ステーションなどでの使用を想定しており、ドライバーの手を煩わせない。さらに、自動運転に対応しているEVであれば、ドライバーが車から降りて充電を指示すると、EVがCarLaの設置されている駐車場や充電ステーションを検索して自動的に移動し、充電して戻ってくる、といった運用も考えられる。


人間のようにケーブルをEVに接続(出典:VW)

 充電用ケーブルを扱うアームは7軸構成で、人間の腕を参考に設計されたそうだ。動きの自由度が高く、さまざまな制約のある場所にも設置できるという。車に設けられている充電ソケットの位置などは、カメラによる画像解析で把握する。


ジュネーブ国際自動車ショーで披露(出典:VW)

 VWは、CarLaの開発を続け、試験生産の段階へ進める計画。さらに、業界標準になる可能性もあるとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]