logo

「Alexa」が突然「奇怪な声で笑いだす」問題が発生--アマゾンが修正中

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2018年03月08日 10時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE 「Alexa」は、オーナーである人間に対し、邪悪な思いを抱いているのだろうか?

 Alexaが命令されてもいないのに、にわかに奇怪な笑い声を発するようになったのは、そのせいかもしれない。

 Amazonは米国時間3月7日、同社のスマートアシスタント、Alexaの対応デバイスが誤って笑い声を発する場合があることを認めた。「この問題を認識しており、修正に取り組んでいる」と、Amazonの担当者は電子メールで説明した。

 最近になって、ソーシャルメディアではAlexaが不穏な忍び笑いをしたとの報告が浮上していた。

 例えば、TwitterユーザーのCaptHandlebarさんは、自分がキッチンにいた時に、にわかに笑い出したAlexaの短い動画を投稿している

 ロボットが人類に反乱を起こしているのではと心配したのは、このCaptHandlebarさんだけではなかった。同じくTwitterユーザーのGavin Hightowerさんは、「ベッドに入り、うとうとしかけたところで、『Amazon Echo Dot』に入っているAlexaがとても大きな、気味の悪い笑い声を上げた」とツイートした。怖かったのだろうか、「今夜、私は殺されるかもしれない」とHightower氏は続けた。

 また、David Woodlandさんのツイートを見ると、Alexaには機密保持契約に署名してもらったほうがいいのかもしれないと思えてくる。

 「職場でかなりの機密事項について話をしていると、Alexaが笑い声をあげた」とWoodlandさんはツイートし、「ただ笑った。本当に気味が悪かった」と述べている。

 Amazonの担当者は7日午後、さらに以下の情報を電子メールで提供した。

 「まれな状況で、Alexaは『Alexa, laugh(アレクサ、笑って)』と言われたものと誤認識することがある。当社はこのフレーズを、より誤認識されにくい『Alexa, can you laugh?(アレクサ、笑ってくれる?)』に変えるとともに、『Alexa, laugh』という短い言葉を無効にする。さらに、Alexaの返答を単なる笑い声だけではなく、『Sure, I can laugh.(もちろん笑えます)』と言ってから笑うようにする」


提供:Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]