logo

リコー、広告事業に参入--バナー広告を360度の画像で表示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーは3月6日、インターネットのバナー広告を360度の画像で表示するバナー広告事業に参入すると発表した。その一環として、360度の広告画像の提供から広告の効果測定などを行うサービス「RICOH 360 for Ad」の提供を開始する。


 同社によると、クリック率が高く訴求力のあるバナー広告の需要拡大が見込めることから、バナー広告事業への参入を決めたという。

 RICOH 360 for Adでは、独自の360度の画像注目領域アニメーション技術を活用し、これまでに撮影された360度の画像を学習することで、広告写真の中で注目すべき箇所を自動で抽出。これにより、広告画像を水平に回転させるだけでなく、訴求したい領域が自動で映るようになる。

 また、静止画の広告画像のクリック率と比較しても、360度で表示するバナー広告のクリック率は約1.5〜2倍向上するという。


 撮影には、ワンショットで、360度の全天球イメージを撮影できる同社の「RICOH THETA」を使用。静止画であるため、広告画像のファイルサイズは動画と比較しても低容量で、広告を掲載するサーバへの負担を抑えられる特徴がある。一方で、上下左右360度に動いて表示されるため、広告視覚効果は動画と同等だとしている。

 なお、RICOH 360 for Adには2つのプランが用意され、選択したプランによってサービス内容が異なるという。


-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]