logo

目的地までARがサポート--「Yahoo! MAP」、風景に矢印などを重ねて道案内する新機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは3月5日、スマートフォンアプリ「Yahoo! MAP」のiOS版において、ARを活用したナビゲーションサポート機能「ARモード」を試験的に導入したと発表した。


 ARモードは、iOS11に搭載されたARアプリ開発のためのフレームワーク「ARKit」を活用した機能。カメラで写した実際の風景に、ルートや看板などのナビゲーション要素をビジュアルとして重ねることで、目的地までの方向や距離を立体的に確認できるようになる。

 同機能は、目的地への徒歩ルートを検索した後、画面右上の「ARモード」をタップすることで起動。端末のカメラを通して画面に写し出された実際の風景に、方向を示す「矢印」や残りの「距離」、曲がり角を示す「看板」が表示される。

 また、ユーザーが歩いた道のりに足跡のビジュアルを残すことで、道に迷いにくくする工夫を施している。足跡は、機能の使用頻度によって、「裸足」「犬」など数種類のビジュアルが登場するほか、目的地には、同社の公式キャラクターである「けんさくとえんじん」の「けんさく」が、手を振って出迎えるという。

 同社によると、今回のARモードは、利用者の安全性や使いやすさを高めるため、導入後も検証を重ね、機能の充実、精度の向上を目指すとしている。

-PR-企画特集