「5G」ネットワーク、米キャリア各社に聞くサービス開始への取り組み - (page 3)

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2018年03月07日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当初のサービスエリアは部分的

 4G LTEの初期段階でもうひとつ問題だったのが、サービスエリアのギャップだった。あるときには、高速のオンラインアクセスと動画のストリーミングを楽しめたかと思うと、次の瞬間には3G回線に切り替わって、何もかも動作が遅くなってしまう。しかも当時は、4Gのエリアに戻っても再認識されないことがあった。

 「消費者は、間違いなく5Gネットワークでも同じようなトラブルが起きることを予想しておくべきだ」。PricewaterhouseCoopers(PwC)のコンサルタントDan Hays氏はそう指摘する。

 5Gに期待されている速さ(10倍から100倍は高速になるという)を考えると、今回は体感する低下の度合いがもっと極端かもしれない。範囲が狭くなりがちで、中断も頻繁に起こる超高周波数無線(最も高速な無線を提供する)については特にそうだ。

 「時速約100kmで高速道路を走っているときに、急に時速15km程度の渋滞にはまるようなもの。とんでもない落差だ」。Accenture StrategyのマネージングディレクターJefferson Wang氏は、そう語る。

 キャリア各社は、こうした問題に対処しようと考えている。T-MobileとSprintはどちらも、周波数の低い電波を5Gに利用して、サービス範囲を広くし、4Gへの急低下をできるだけ少なくしようと計画している。

 「Sprintの5G体験は、より均質なものになる」と、SprintのCTO、John Saw氏は言う。

 だが、どのキャリアでも、当初は多くのエリアで5Gサービスは提供されないだろう。まして、2018年に予定されているサービスの展開では、範囲が限られる。

 幸いなことに、キャリア各社は4Gネットワークも増強して高速化しつつあるので、5Gから4Gに落ちてもそれほど悪くはならないようだ。各社ともギガビットLTEという技術を導入しており、4Gの速度が大幅に向上する。サムスンの「Galaxy S8」や、まもなく米国で発売される同社の「Galaxy S9」といったモデルは、すでにギガビットLTEに対応している。

価格は上がるのか

 さらに気になるのは、5Gの導入で価格が変化するのかどうかだ。MWCの基調講演でSprintのClaure氏は、5Gを特別価格の有料サービスとして提供すると繰り返していた。

figure_3
Sprint CEO、Marcelo Claure氏
提供:Roger Cheng/CNET

 今のような競争の厳しい世界で、それは冒険的すぎないだろうか。だが、同様のモデルは家庭用ブロードバンドにすでに存在すると、Accenture StrategyのWang氏は指摘する。

 「高速環境には料金を支払うということに、みんなもう慣れている」(Wang氏)

 一方で、懐疑的な声もある。PwCのHays氏もその1人で、目に見えるメリットがまだないため、消費者は有料サービスに金を使わないと考えている。なにしろ、Netflixのドラマシリーズ「Stranger Things」をストリーミング視聴するなら、今の4Gでも十分に快適だからだ。

 「5Gを発表して、さあ有料サービスをどうぞと言うだけでいいと考えているとしたら、それは多分現実が見えていないことになる」。T-MobileのRay氏はそう話す。

 2018年のMWCで、筆者は1年前にGurnani氏(現在はVerizonを離れている)が言ったことについて、VerizonのVestberg氏に聞いてみた。Vestberg氏は、5G対応スマートフォンが次のMWC 2019までには登場すると予測しているという。

 だが、しばらくの間を置いてから、こう付け加えるのを忘れなかった。「ただし、それは条件付きの予測だ」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]