logo

Facebookの求人機能、40カ国以上に拡大

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2018年03月01日 10時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは、ユーザーの職探しを支援したいと考えている。これには、単に同社のサービスを通じた人脈作りという意味だけでなく、ユーザーがFacebookサイト上に掲載された求人情報を見て、直接応募できるようにすることも含まれる。


提供:Facebook

 Facebookはすでに2017年2月から、米国とカナダで求人情報機能を提供している。そして米国時間2月28日、同社はこの機能の提供対象を40カ国以上に拡大すると発表した。これには、英国、フランス、ドイツ、スペインなどが含まれている。

 このツールを使うと、場所、業界、雇用形態(フルタイム、パートタイム、インターンシップなど)別に求人情報を調べることができる。また、条件に合った求人情報を知らせてくれるアラートの設定や応募書類の管理、面接スケジュールの調整といったことも可能だ。応募する準備ができたら、Facebook上で手続きができる。このツールが、Facebookアカウントの情報をもとに、履歴書の一部の項目を自動的に入力してくれるのだ。

 Facebookはこのツールについて、同社が最近になって掲げている地域重視の取り組みにつながるものだと強調している。「この職探しツールは、地元企業とそのコミュニティーに属する人々をつなげるという目的がある」と、Facebookで製品マネージャーを務めるGaurav Dosi氏は取材に対して述べている。

Facebookの求人機能
Facebookから直接応募できる
提供:Facebook

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]