logo

グーグル、Android/iOS対応のUIフレームワーク「Flutter」ベータ版を公開

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 高森郁哉 (ガリレオ)2018年02月28日 10時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間2月27日、新しいモバイルUIフレームワーク「Flutter」のベータ版をリリースした。Flutterの目的は、「iOS」と「Android」の両方に対応したネイティブアプリのインターフェースを構築する開発者を支援することだ。このツールキットは基本的に、ミドルウェアレイヤとして機能し、開発者は1つのアプリを複数のプラットフォームに展開できるようになる。


 Googleのブログ投稿には次のように書かれている。「Flutterはモバイル開発の核心部分に狙いを定めている。すなわち、ネイティブなモバイルのパフォーマンスとプラットフォームの統合、それに迅速な開発と、移植可能なUIツールキットのマルチプラットフォーム対応をあわせて実現するというものだ」

 Googleは、Flutterをモバイルアプリ開発に利用する利点として、以下の3つを挙げている。

  • 迅速な開発:開発画面を保持したまま高速でリロードできる「Hot Reload」、反応性の高い新フレームワーク、豊富なウィジェットセット、統合ツールなどの機能を備える。
  • 表現力のある柔軟なデザイン:編集可能なウィジェットセット、豊富なアニメーションライブラリ、階層化された拡張可能なアーキテクチャを備える。
  • 各種デバイスおよびプラットフォームにまたがる高品質の体験:GPUで加速された移植可能なレンダラ、高性能のネイティブなARMコードランタイム、プラットフォームの相互運用性を備える。

 Googleによると、Flutterの安定版リリースに向けてまだ準備中の段階にあるが、インストール数が数百万件におよぶ複数の製品版アプリで既に同フレームワークが採用されてきたという。

 Googleは、Flutterの安定性とシナリオ完了率を引き続き改善し、新しいベータ版を4週間ごとにリリースする計画だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]