logo

レノボ、Alexa搭載2in1「Yoga 730」を発表

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年02月27日 09時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供: Andrew Hoyle/CNET

 PCメーカーのレノボはバルセロナで開催中のMobile World Congress 2018で、数機種の2in1ノートPCを発表した。一部には、新しいスマートアシスタントソフトウェアや、ゲーム対応のグラフィックス機能が搭載されている。

 「Yoga 730」は、Amazonのスマートアシスタント「Alexa」を搭載する最新ノートPCだ。CES 2018では、「ThinkPad」シリーズの一部のノートPCにAlexaが搭載されることが発表されたが、それらはビジネスユーザー向けの製品だった。「Yoga」はより主流向けの製品で、これにもAlexaが搭載されることになった。Yoga 730は「Windows」マシンなので、もちろんMicrosoftのスマートアシスタント「Cortana」も、いつでも使用できる。

13インチのYoga 730
13インチのYoga 730
提供:Andrew Hoyle/CNET

 Yoga 730は、13インチ版と15インチ版で提供される。いずれもUHD(4K)またはフルHD(1920×1080ピクセル)のタッチスクリーンを装備し、第8世代のIntel製プロセッサを搭載する。15インチ版は、NVIDIAの「GeForce GTX 1050」グラフィックスカードをオプションで装備。最近のゲームをプレイするのに十分だ。

 「Flex 14」(米国外では「Yoga 530」)の方には、Yoga 730ほどの目を引くアップデートは加えられていない。しかし17.6mmと、少し薄くなっている。レノボによると、前機種よりも11%薄いという。また、NVIDIAの「MX130」GPUを選択することができる。ゲーム機としては足りないが、写真や動画の編集には役立ちそうだ。

 Yoga 730の13インチ版で879ドル(約9万4000円)から、15インチ版で899ドル(約9万6000円)から、Flex 14は599ドル(6万4000円)からの価格で、すべて4月に発売予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]