logo

ビジネスイベントで“会いたい人”を探せる「EventHub」にホーム画面やタグ機能

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年02月28日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EventHubは2月28日、同社が提供するイベント特化型ビジネスSNSアプリ「EventHub」に、「ホーム画面」と「タグ機能」を追加したと発表した。


 EventHubは、カンファレンスや展示会の参加者間のビジネスマッチング(ネットワーキング)や商談の機会を増やすサービス。参加者はイベント会場でスマホやPCを使い、まわりにどのような参加者や出展企業がいるのかを検索して、面談申請やメッセージのやりとりができる。

 2017年夏にサービスをソフトローンチし、2018年1月に正式提供を開始。これまでに「Slush Asia」や「TechCrunch Tokyo」「Embedded & IoT Technology」「国際会議STSフォーラム」などのイベントに採用されているという。

 新たに提供するホーム画面は、イベントの参加者に対して、おすすめの他の参加者や出展企業ページを表示できる機能。トップには、カテゴリごとのプロフィール一覧が複数列表示される。これまでEventHubでは、他の参加者や出展企業の情報を「検索」することが主なアクションだったが、ホーム画面に誘導することで、明確な目的で検索をしなくても、自分のイベントの参加目的に適したプロフィールを確認できるようになるとしている。


 タグ機能は、イベントにいる全参加者・出展企業をわかりやすく分類できる機能。利用者が興味分野や所属業種をわかりやすく発信したり、それらが一致している参加者・企業をすばやく検索したりできるようになる。

 タグの種類は主催者が自由に設定でき、すべての参加者や企業はこれらのタグに紐づいて分類される。タグの種類は「業種」「職種」「出展製品カテゴリ」「事業規模」「出展ゾーン」のほか、開催されるイベントの業界に特化した企業カテゴリなど、制限なく作成できるという。


 イベントに参加している利用者は、EventHub上で興味があるタグをクリックすることで、より素早く自分が求めている検索結果(参加者や出展企業)にアクセスできる。また、閲覧履歴がタグに紐づき整理されているため、より的確なレコメンドを提供できるようになるという。

 同社では今後、ホーム画面のおすすめ機能の成果を調査し、新しいおすすめ機能を追加しながらより精度を高めていくことで、マッチング成立数を増やしたいとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]