logo

マネーフォワード、三菱東京UFJ銀行の残高情報などを取得可能に--参照系APIと連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マネーフォワードは2月22日、自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」、ビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」において、三菱東京UFJ銀行が提供する参照系APIとの連携を開始すると発表した。


 今回の連携により、三菱東京UFJ銀行の法人向けインターネットバンキング「BizSTATION」ならびに、個人向けインターネットバンキング「三菱東京UFJダイレクト」の利用者は、IDやパスワードを預けることなく、「マネーフォワード」、ビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」(MFクラウド会計、MFクラウド確定申告、MFクラウド経費、MFクラウド消込)において、残高情報や入出金履歴などが確認できるようになる。

 なお、2月1日より法人口座の参照系APIとの連携を開始しており、同APIを利用する際には、三菱東京UFJ銀行の認証基盤(Oauth2.0準拠)を用いて認証される。マネーフォワードでは、引き続き金融機関が提供するAPIとの公式連携を推進し、利用者にとって新たな付加価値を生むFintechサービスの開発・提供を進めるという。


-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]