logo

KDDI、国際標準技術「Wi-Fi CERTIFIED Vantage」実験に成功--最大10倍の接続速度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは2月22日、Qualcomm Technologies、ラッカスネットワークス、シャープとともに、国際標準技術である公衆無線LAN向けの認証プログラム「Wi-Fi CERTIFIED Vantage」に基づく品質改善技術のフィールドトライアルを、東京都渋谷区にある「au Wi-Fi SPOT」の一部エリアで実施し、世界で初めて成功したと発表した。

 同社によると、訪日外国人の増加やイベントにおけるトラフィックの急増、災害時のWi-Fi無料開放など、公衆無線LANが混雑するシーンが増えており、利用者にストレスなく公衆無線LANを利用してもらうための対策を継続的に実施しているという。その一環として、Wi-Fi Allianceの国際標準化活動に参加しており、今回実証した品質改善技術の仕様策定や業界への普及活動についても2014年当初から参画してきた。

 今回実証した品質改善技術は、「混雑時の通信効率を改善する技術」「電波が不安定な状況において接続しない技術」「公衆無線LANへの接続時間を短縮する技術」の3要素から構成される技術で、フィールドトライアルの結果、30%の通信効率改善、最大10倍の接続速度向上効果が得られることを実証した。

 同社では、今回のフィールドトライアルの結果も踏まえ、現在提供中のau Wi-Fi SPOTサービスをより快適に利用してもらうため、将来の「Wi-Fi CERTIFIED Vantage」の商用導入を検討するほか、さらなる品質向上に向けて取り組むという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]