logo

乗換案内アプリのCitymapper、バスとタクシーをミックスした「Smart Ride」をロンドンで

Richard Trenholm (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2018年02月22日 16時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気ナビゲーションアプリの開発元Citymapperによる新サービスで、バスが新世代の柔軟な公共交通に活用されることになりそうだ。

 Citymapperはすでに公共交通の試験運行を行っている。これは週末限定の1路線で、イーストロンドンのナイトスポットを訪れる乗客などを運んでいる。さらにCitymapperでは、このアイデアを発展させ、バスとタクシーをミックスした新サービス「Smart Ride」を実現しようとしている。

 Smart Rideは、バスのように決まった路線を走行し、停車する。そして、タクシーのように座席の予約ができるという仕組みだ。

 最近になって、このSmart Ride以外にも、このような組み合わせの交通手段が話題になっている。Uberも、出発地と目的地付近で歩く距離が少し増える代わりに、効率的に乗れて運賃が安くなる「Express POOL」というサービスを、米国の一部都市で開始したばかりだ。しかし、CitymapperはUberと競争する意図はないとして、「さらに大きな構想がある」とTwitterで述べている。

 Citymapperは当初、現在運行中の「CM2 Night Rider」で使っているような実際のバス車両で、このサービスを立ち上げる計画だった。しかし、ロンドンの交通規則でこのようなサービスを行う場合、車両は1台あたり8人までに制限される。この人数を超えるとバス向けの規則の対象となり、路線と時刻表に関してより厳しい規制が課されるからだ。これは、運行ルートやタイミングを需要に合わせて動的に変化させるというCitymapperの計画とは相いれないものだ。

5月に試験走行したCitymapperのバス
「Citymapper CM2 Night Rider」に先立ち、5月に試験走行したCitymapperのバス
提供:Katie Collins/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]