logo

楽天LIFULL STAYとクラウドリアルティ、宿泊施設の開発・供給で業務提携--京町家へ出資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天LIFULL STAYとクラウドリアルティは2月21日、クラウドファンディングを活用した宿泊施設の開発と供給に関する業務提携に合意したと発表した。連携の第1弾として、3月中に京町家への出資募集を開始する。

 今回の提携は、楽天LIFULL STAYが提供する民泊・簡易宿所向けのブランディングと運用代行サービスである「Rakuten STAY」の宿泊施設開発を主な目的としたもの。

 クラウドリアルティは、同社の不動産クラウドファンディングサービス「クラウドリアルティ」を活用し、物件の取得やリノベーションにかかる資金調達を担当。楽天LIFULL STAYは物件の選定と、設計・施工会社へのデザイン監修、施設の運用代行を担当する予定だ。

 連携の第1弾として、京都市内の町家を対象とした、京町家再生プロジェクトへの出資の募集を、3月中に開始する予定。対象物件の取得後は、Rakuten STAYブランドとして、楽天LIFULL STAYが宿泊施設の運用代行を行う。

「Rakuten STAY」サブブランドロゴ一覧
「Rakuten STAY」サブブランドロゴ一覧

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]