logo

ソニー、100kHz再生ヘッドホン「MDR-1A」に新モデル「「MDR-1AM2」が登場

加納恵 (編集部)2018年02月20日 16時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは2月20日、100kHz再生を実現するヘッドホン「MDR-1A」に、新開発の40mmドライバユニットを搭載した新モデル「MDR-1AM2」を発表した。発売は3月10日。想定税別価格は3万円前後になる。


「MDR-1AM2」

 MDR-1AM2は、ハイレゾ音源をさらに忠実に表現するために開発した新モデル。ボーカル音をブラッシュアップしたほか、低音の質を高め、きらびやかで明瞭な高音質再生を実現する。

 ドライバユニットはグリルにフィボナッチパターンを採用することで、空気の伝搬を阻害せず、なめらかな超高域特性を実現。新開発の振動板は、ドーム部の剛性を高めることで、クリアなボーカルを表現する。

 4.4mmのバランス標準プラグ採用のヘッドホンケーブルも同梱し、「ウォークマン NW-ZX300」との接続にも最適。ハンガー部を細くすることで現行機の約225gから187gへと軽量化した。

 ボディカラーはブラックとシルバーの2色。バランス接続ヘッドホンケーブルのほか、リモコン付きマイクヘッドホンケーブルとキャリングポーチが付属する。


ボディカラーはブラックとシルバーの2つ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]