logo

トライアルとパナソニックがウォークスルー会計の実証実験--会計レーン通すだけで自動精算

加納恵 (編集部)2018年02月19日 15時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トライアルカンパニーとパナソニック スマートファクトリーソリューションズは2月19日、ウォークスルー型RFID会計ソリューションの実証実験を開始すると発表した。RFIDを貼付した商品を来店客自身が会計レーンに通すことで、自動精算ができる。同日から福岡市東区の「トライアル ラボ店」で行っている。

 プリペイドカードなどの情報を事前にスキャンすることで、商品読み取り後そのまま精算が完了し、会計時間を大幅に短縮することが可能。販売員の作業を削減するほか、商品管理などの点においてもRFIDを活用することで、店内オペレーションの省力化に結び付くという。


 トライアルカンパニーは、1981年に設立。小売、ソフトウェア開発、物流、商品開発・製造などを手掛ける福岡の企業だ。ITによる小売業務の改革に取り組んでおり、来店客が商品スキャンと支払い作業をするセルフレジや、支払いのみをするセミセルフレジも導入。買い物をしながら商品をスキャンし、カートに装着されたタブレットで決済をする「スマートレジカート」も、福岡市に2月14日にオープンした「スーパーセンタートライアルアイランドシティ店」で開始している。

 パナソニック スマートファクトリーソリューションズは、RFIDプラットフォームの開発にも取り組んでおり、ウォークスルー型RFID会計ソリューションを開発。今回の実証を通じてソリューションとしての有効性を検証するとともに、今後も各業界の課題解決に貢献するような開発を行っていくとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]