logo

進化した犬型ロボ、ノブを回してドアを開ける--Boston Dynamicsが動画公開

Amanda Kooser (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2018年02月14日 11時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Boston Dynamicsの「SpotMini」は、ロボットに対する感情を調べるロールシャッハテストのようなものだ。頭部のない犬のようなロボットをかわいいと思うかもしれない。あるいは、Boston Dynamicsにヒントを得た、Netflixのドラマ「ブラック・ミラー」の第4シーズン第5話「Metalhead」に登場する冷酷な番犬ロボットのように、気味が悪いと思うかもしれない。Boston Dynamicsが米国時間2月12日に投稿した最新動画は、その境界を一層曖昧にしている。

 「Hey Buddy, Can You Give Me a Hand(ねえ、手を貸してくれる?)」と題されたこの動画で、SpotMiniが閉まっているドアに近づき、通り抜けられないことにつかの間気落ちした様子を見せる。すると、2体目のSpotMiniがこの状況から救うために現れる。ここから、動画はひどく奇妙な領域に入り込む。

 第2のSpotMiniは、首の位置に曲げ伸ばせるアームを備えていて、アーム先端の手に相当する部分でドアノブを回してドアを開け、第1のSpotMiniが通れるようドアを開けた状態に保つ。

 ドアノブが付いた扉があればSpotMiniを遠ざけておけると思っていた人も、そうはいかなくなったというわけだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集