logo

自動巡回するドローンが設備異常を見つける点検パッケージ--まずは太陽光パネル向け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブイキューブロボティクスは2月13日、ドローンを用いた太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK(ソーラーチェック)」の提供を開始すると発表した。

 SOLAR CHECKは、発電所の太陽光パネルの配置に合わせて、事前にドローンの航行ルートを設定。そのルートに沿って赤外線サーモグラフィカメラを搭載したドローンが自動航行をしながら、上空からパネルを撮影する。画像はクラウドにアップロードされ、ディープラーニングによる画像解析を自動で開始。ホットスポットなど異常を検知した際は、異常パネルとその発生場所が分かる点検結果レポートを作成する。


 映像解析技術を担うデータセクションは、独自に開発したプラットフォーム「MLFlow」を活用。今回のソリューションでは、太陽光パネル検出に特化したアルゴリズムを開発しており、旧来の映像処理に加え、さらに複数の深層ネットワークをプラスすることで検知精度を向上している。

 同社によると、人手では約4日かけて点検していたところ(2メガワットクラス)を約15分で完了できるという。従来の点検では見落とすことのあったホットスポットも、太陽光パネルの角度に合わせてドローン撮影することで、異常検知の精度が向上。点検しにくい傾斜地などでも柔軟に対応できるとしている。

 従来のドローンを活用したパネル点検は、ドローン専属のオペレーターが必要だったため、人的リソースから実施頻度に制限があった。同サービスでは、操作の簡易化および航行・異常発見の自動化により、特別な技術を持たない点検スタッフでも高頻度での点検が可能。点検結果の履歴も管理できるため、経年変化も把握できるようになるという。


 ブイキューブロボティクスでは、ドローンの点検システムを太陽光発電施設に限らず、今後、コンクリート点検や金属建造物への点検にも生かしたいとしている。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集