logo

電通が紐解くAIとコミュニケーションの今後--「CNET Japan Live 2018」2月27日開幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「CNET Japan」を運営する朝日インタラクティブは、IoT時代でAI活用があたりまえになった世の中で、ビジネスを成長させるためのコミュニケーションのあり方を議論する「CNET Japan Live 2018」を2月27~28日にソラシティカンファレンスセンター(東京・御茶ノ水)で開催する。一部有料で、来場には事前登録が必要。定員は400人。

 講演を20題、ほかAIを使った自動校正技術の特許出願を持つ朝日新聞社メディアラボなどによる展示コーナーも設ける。

 2月27日10時10分~11時00分に開催する「A-1」セッションでは、電通 事業企画局チーフ・プランナーの児玉拓也氏が「「コミュニケーションの会社」は、AIをどう見るか」と題した講演を行う。

 広告会社として、コミュニケーションの会社として歩んできた電通。AIに関するニュースが日々めぐるようになっても、コミュニケーションの本質は「人(組織)」対「人(組織)」にあるとし、同社ではAIをコミュニケーションをサポートするための道具と位置づけている。

 幅広い領域で企業と生活者の血の通ったコミュニケーションを追究し、クリエイティブにおける「発想支援」や未来予測など、AIを実際のビジネスにつなげる活用を推進している。講演では、さまざまな事例の紹介を通して、AIとコミュニケーションの今後を探る。

 イベントのチケットは3種類。全セッションに参加できる「Premierチケット」は1万800円で、早期割引期間中は6480円となる(いずれも税込)。ほか、「学割チケット」が4320円、展示会場に参加できる「Generalチケット」は無料となっている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]