logo

富士フイルム、米ゼロックスを買収--富士ゼロックスと統合へ

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年02月01日 08時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムホールディングスは1月31日、米Xerox Corporationを買収して富士ゼロックスと統合し、新会社の事業再編とコスト削減を進めると発表した。

 富士ゼロックス株式の75%を保有する富士フイルムホールディングスは、今回の合意に基づき、新会社の株式50.1%を取得する。

 富士ゼロックスは、コネチカット州に本社を置くXeroxの完全子会社となり、Xeroxは社名を新たに「Fuji Xerox」に変更する。

 この買収に伴い、Xeroxの株主は、25億ドル(1株あたり約9.80ドル)の配当金に加え、買収完了時には新企業の株式49.9%を受け取ることになる。

 コピー機、プリンタ、ドキュメント管理ソリューションを提供する富士ゼロックスは、ニューヨーク証券取引所(NYSE)における上場を続ける予定。

 富士フイルムホールディングスは、この新しい企業が新しい価値を顧客に提供し、ドキュメントソリューション事業、オフィスドキュメント製品事業、商用印刷における同社の地位強化につながることを期待している。

 今回の統合により、2022年までに年間17億ドル(約1900億円)のコスト削減が見込めるという。また、国内外で1万人の人員を削減する。

 この買収は、富士フイルムホールディングスとXeroxの取締役会の承認を得ている。

 富士フイルムホールディングスは、2017年度の連結決算に対するこの買収の影響はなく、買収が完了すれば「中長期的」な好影響が業績に現れるとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]