logo

パナソニック、ワイヤレスでもハイレゾ相当のBluetoothヘッドホン

加納恵 (編集部)2018年01月30日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月29日、Bluetoothヘッドホン「RP-HD600N/HD500B」(想定価格:3万3000円前後/2万6000円前後)を発表した。LDAC、aptX HDに対応し、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質再生を実現する。発売は2月22日。


「RP-HD600N/HD500B」

 RP-HD600N/HD500Bは、40mmのダイナミックドライバを搭載。再生周波数帯域は、4Hz~40kHzで、ハイレゾ音源再生ができる。対応するオーディオコーデックはSBC、AAC、aptXに加え、aptX HD、LDACもサポート。ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質再生を実現する。

 HD600Nには、フィードフォワード方式とフィードバック方式のマイクを内蔵し、ノイズキャンセリングにも対応。強/中/弱の3モードを備え、外部の騒音状態に合わせた切り替えが可能。周囲の音を聞きたいときに、ヘッドホンを外すことなく周囲の音を聞くことができる「ボイススルー機能」も搭載する。

 両機種ともに、装着性を高める「3Dボールジョイント機構」を採用し、頭や耳の周辺に合わせて最適な位置で身につけられるとのこと。人間工学に基づいた形状と低反発ウレタンフォームにより、高い密閉性、遮音性を実現する。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集