logo

自分好みのオーガニック野菜が定期的に届く「食べチョクコンシェルジュ」

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年02月08日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーガニック農作物のCtoCマーケットプレイス「食べチョク」を運営するビビッドガーデンは2月8日、利用者の好みに合わせたオーガニック野菜が定期的に届くサービス「食べチョクコンシェルジュ」をリリースした。


「食べチョクコンシェルジュ」

 オーガニック農家のマーケットプレイスである食べチョクには、全国47都道府県100軒を超えるオーガニック農家が登録されているという。

 新たに開始する食べチョクコンシェルジュは、事前に登録された購入者ひとりひとりの食材の好みやオーガニック志向に合わせて、オススメの農家から野菜セットが定期的に届くサービス。食材の好き嫌いやオーガニック志向性などを登録して注文し、届いた商品に対してフィードバックを送ることで、好みに合うように調整されるという。

 料金プランは、「Smallプラン」(2980円)、「Mediumプラン」(3980円)、「Largeプラン」(4980円)の3プラン(いずれも税込、送料込)が用意されている。


(写真上段左から)CAMPFIREの家入一真氏、アドイノベーションの石森博光氏、エウレカ創業者の赤坂優氏、ビビッドガーデンCOOの大河原桂一氏、ビビッドガーデンCEOの秋元里奈氏

 同社はこれにあわせて、エウレカ創業者の赤坂優氏、CAMPFIRE代表取締役の家入一真氏、アドイノベーション代表取締役の石森博光氏、アカツキ代表取締役 CEOの塩田元規氏など、5名の個人投資家から総額4000万円の資金を調達したことを発表。開発と営業の人員強化を進めるとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]