logo
Kickstarter

段ボール製のMIDIキーボードDIYキット「KAMI-OTO」--iPad連携でも単体でも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂が先日発表した「Nintendo Labo」は、「Nintendo Switch」と組み合わせて手軽におもちゃを自作できる段ボール製の工作キット。ピアノや釣りざお、バイクなどを模した「Toy-Con(トイコン)」を自分で作って楽しめる。

 段ボール製のピアノといえば、2年前に開発が始まり、1年前からはプロトタイプが各地でお披露目されていた「KAMI-OTO」を思い出す。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」にて支援募集中なので、紹介しよう。


段ボール製の音楽キーボードDIYキット(出典:Kickstarter)

 KAMI-OTOは、段ボール製のキーボードを自分で組み立て、付属の電子基板を取り付けてDIYする音楽用の電子キーボード工作キット。日本のユードーという企業が開発した。紙を折り曲げて作る手順は折り紙を思い出し、楽しみながら作れそうだ。基板は完成品が送られてくるため、電子工作の知識がない人でも30分程度で作れるという。


段ボール製キーボードを組み立て、電子基板を取り付ける(出典:ユードー)

折り紙を思い出す(出典:Kickstarter)

 iPadやiPhoneと接続し、iOS用の各種ピアノやシンセサイザーといった音楽アプリですぐに音楽が楽しめる。MIDI対応しており、DAWによる本格的な音楽制作にも使える。また、音源とスピーカも搭載していて、USBで電源さえ供給すれば単体で演奏することも可能。

 簡単な構造でありながら、鍵盤を押す力(ベロシティ)の検出にも対応している。さらに、オクターブシフト、モジュレータ、ダンパーなど演奏時に操作するためのスイッチや、MIDIチャンネル変更用ファンクションキーなども備える。


絵を描いても楽しい(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間3月25日まで。目標金額の200万円に対し、記事執筆時点(日本時間1月25日17時)で10万300円の資金を集めている。キャンペーン期間はあと58日ある。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]