logo

MS、「Office」アプリを「Microsoftストア」で提供開始

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年01月25日 11時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Neowin.netによると、Microsoftが「Office 365」サブスクリプションの一部として、デスクトップブリッジ(開発コード名「Centennial」)を使用した初の「Office」アプリを「Microsoftストア」で一般公開したという。現在、「プレビュー」の表示がない「Word 2016」「Excel 2016」「PowerPoint 2016」「Access 2016」「Outlook 2016」「Publisher 2016」がストアに掲載されているとNeowinは伝えた。

 (注:デスクトップ版Officeアプリを既に「Windows 10」にインストール済みの場合、それらをアンインストールしないと上記のアプリは表示されない。)

 MicrosoftストアのOfficeアプリは、過去にストア(以前は「Windowsストア」と呼ばれていた)で提供されていた「Universal Windows Platform」(UWP)版Officeアプリとは異なる。同社は、UWP版Officeアプリについては、スクリーンサイズが10.1インチ以下のスマートフォンやタブレット向けに推奨される「Office Mobile」アプリという位置付けに変更すると2017年に述べている。

 Microsoftは2017年夏、これらのデスクトップブリッジ版アプリのプレビュー版を「Windows 10 S」ユーザー向けに公開した。Microsoftはその後、一部のテスターに対しても、プレビューへの参加を認めた


提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]