logo

bitFlyer、欧州で仮想通貨取引サービスを開始--米国に続き

山川晶之 (編集部)2018年01月23日 16時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 bitFlyer子会社のbitFlyer EUROPE S.A.は1月23日、ルクセンブルク金融監督委員会(CSSF)の指導のもと、Payment Institution Licenseを取得し、EUでの仮想通貨交換業を開始したと発表した。

 bitFlyer EUROPEは、ルクセンブルクを拠点とし、取引量の多いプロトレーダー向けサービスから提供を開始。まず、BTC/EURの通貨ペアを提供し、2018年中にLitecoin、Ethereum、Ethereum Classic、Bitcoin Cashなどの取扱いを予定しているという。

 なお、同社では、2017年11月に米国に進出(子会社のbitFlyer USAが運営)。bitFlyerによると日本、米国、EUにて仮想通貨交換業のライセンスを取得した世界初の事業者だとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]