logo

間もなくリリースの「Firefox 58」はますます高速化--Mozillaのエンジニアが説明

Liam Tung (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年01月23日 10時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaは、近くリリースする「Firefox 58」で速度をさらに向上させると約束した。このブラウザでは、「Firefox Quantum」の名で知られる「Firefox 57」で採用された新しいエンジンを利用し、マルチコアCPUの機能をさらに有効に活用できる。

 Firefox 58では、ネットワークから送られてくる「WebAssembly」コードのコンパイルが高速化する。これを可能にするのが、コードのコンパイルとダウンロードを並行して実行できる「ストリーミングコンパイル」と、高速な2層コンパイラだ。

 WebAssemblyコードは、JavaScriptとともに使うことで、ウェブアプリでネイティブに近いパフォーマンスを実現する。WebAssemblyは最近になって、「Safari」と「Edge」の各ブラウザでもサポートされるようになり、WebAssembly(.wasm形式)に対応するブラウザが「Chrome」と「Firefox」以外にも広がっている。

 Firefox 58では、ストリーミングコンパイルと新しいコンパイラのおかげで、ネットワークがパケットを配信するよりも速くコードをコンパイルできる。そのため、多数のJavaScriptをダウンロードする必要があるページを速く読み込む際の大きなボトルネックが解消されると、Mozillaのデベロッパーリレーションズチームでエンジニアを務めるLin Clark氏は述べている

 Clark氏によれば、かつてウェブのパフォーマンスはネットワークによって制限されていたが、今ではCPUとメインスレッドが新しいボトルネックとなっているという。Firefox 58では、メインスレッドから負荷を取り除くことで、CPUの時間を有効に活用する。

 新しいコンパイラの搭載とストリーミングコンパイルの利用により、Firefox 58はWebAssemblyファイルを同等のサイズのJavaScriptファイルよりも速く読み込めるようになると、Clark氏は説明した。

 Firefox 58は現在ベータ版で、米国時間1月23日にリリースが予定されている。Mozillaは今回のスピードアップによって、かつてのユーザーにFirefoxをもう一度試してもらいたい考えだ。


提供:Mozilla

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]