logo

仮想通貨の確定申告向け収支計算ツール「クリプトリンク」--税理士が開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クリプトリンクは1月19日、税理士が提供する仮想通貨の確定申告用収支計算ツール「クリプトリンク」のベータ版を2月1日より提供すると発表した。利用料は、2017年度分の収支計算で1IDあたり1万800円。2月15日までに正式版をローンチするとしている。


 クリプトリンクは、自身も仮想通貨に投資する税理士が、仮想通貨の確定申告で悩む投資家のために開発した収支計算システム。取引所のAPIや取引履歴のCSVファイルをクラウド上で登録するだけで、複数の取引所における取引データを統合し、移動平均法で収支計算書を発行する。各取引所間での送金などもひも付けして収支計算に反映。これをもとに国税庁の確定申告サイトで申告書を作成し、確定申告が可能となる。

 詳細な申告書を作成する場合には、クリプトリンクで作成した資料を税理士に引き渡すことでよりスムーズに依頼できるほか、仮想通貨に精通した税理士の紹介も実施する。リリース時には、国内取引所のbitFlyer、Coincheck、Zaifの3カ所に対応し、今後bitbank、QUOINEX、GMOコインなどの国内10カ所、BinanceやPoloniexなど海外3カ所の取引所に対応する予定。

 さらには、「為替換算機能」や海外取引所での取引における「当日の為替レートで換算」を順次実装するほか、ICOによる投資先のリスト管理、法人向けのトレードや代金受け取り時の売上計上などの機能も4月ごろに実装予定。また、1月19日よりクラウドファンディングサイト「Kibidango」にて、先行予約券や仮想通貨に詳しい税理士による税務相談つき利用権の募集を開始する。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]