logo

グーグル、中国のテンセントと特許クロスライセンス契約を締結

Zoey Chong (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年01月22日 14時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  Googleと中国最大のテクノロジ企業である騰訊(テンセント)は、広範囲の製品および技術に関して特許を共有することで合意したという。Bloombergが報じた。テンセントは、中国で最も人気のあるメッセージアプリ「WeChat」を運営している。

 特許のクロスライセンス契約は、長年にわたってサービスの大半がブロックされている中国にGoogleが再参入する道を切り開くとみられており、またテンセントにとっては、中国国外への事業拡大を後押しするものとなるはずだ。Googleは2010年、中国政府の検閲要件には従わないとの決断を下し、同国における検索エンジンおよび関連サービスから撤退した。

 それでもこの1年間、Googleは徐々に中国での存在感を高めてきており、3月には翻訳アプリの新バージョンを同国でリリースしている。一方、テンセントは中国国外への展開を進めようとしている。


提供:Stephen Shankland/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]