logo

Lyft、企業向け配車サービス「Concierge」の対象を全企業に拡大

Jake Smith (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2018年01月17日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Lyftは米国時間1月16日、「Concierge」サービスの拡大を発表し、企業向けサービスを強化した

 2016年に少数の提携企業を対象に立ち上げたConciergeを利用すると、企業は顧客にLyftの乗車サービスを提供できる。今回のサービス拡大により、あらゆる規模の企業が利用でき、他者の乗車スケジュールの設定、乗車状況のリアルタイム追跡、24時間対応の顧客サポートにアクセスできるとLyftはブログで述べた。


Lyft Businessのダッシュボード
提供:Lyft

 Lyftによると、Conciergeは2017年のテスト段階に、ヘルスケア企業や自動車販売店、保険会社などによって顧客の移動に利用されたという。Lyftは、企業がConciergeを導入することにより、経費の追跡が容易で移動状況を視覚的に把握できる移動ソリューションを従業員に提供できると考えている。

 Conciergeの利用を開始する場合、企業は「Lyft Business」アカウントにサインアップして、決済の詳細を追加できる。その後で、チームのメンバーを追加して、顧客や同僚のために配車の依頼を開始できる。

 Lyftによると、Conciergeは医療分野での利用例もあり、企業はこのサービスを使って、予約した医療機関に患者が向かうのを支援しているという。

 Lyftは1月16日、2017年には乗車数が前年の倍になり、米国とカナダのトロントで3億7550万回に達したと発表した。乗客数は前年比92%増の2300万人だった。同社は11月に、米国以外の市場に初めて進出した。現在は、競合相手のUberが2017年に犯した失敗を自社のチャンスに変えようとしている。

 Uberは、「UberCENTRAL」という同様の企業向けサービスを提供している。UberCENTRALを導入する企業は、顧客の乗車料金を負担し、ダッシュボードで配車を管理できるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]