logo

グーグル、新データセンターと海底ケーブルでクラウドインフラ拡大へ

Dan Dziedzic (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年01月17日 07時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間1月16日、2018年内にデータセンターを新設し、2019年には新しい海底ケーブルを敷設して、既存のクラウドネットワークを拡大することをブログで発表した

 同社は、2018年に5つの地域にデータセンターを追加する。第1四半期にモントリオールとオランダ、続いてロサンゼルスに新設した後、フィンランドと香港にも年内に新設する。これによって同社は、5大陸にわたる18の地域にデータセンターを構えることになる。

既存のデータセンターと新設予定のデータセンター
既存のデータセンターと新設予定のデータセンター
提供:Google

 「Curie」「Havfrue」「Hong Kong-Guam Cable system」(HK-G)と名付けられた海底ケーブルは、既に世界中に張り巡らされたGoogleのネットワークをさらに強化するものだ。

  • Curieは、チリとロサンゼルス間をつなぐ私設ケーブル。
  • Havfrueは、Facebookが一部を所有するコンソーシアムケーブルで、米国からアイルランドを経由してデンマークまでをつなぐ。
  • HK-Gは、アジアの主要海底通信ハブを相互接続するコンソーシアムケーブル。
3つの新たな海底ケーブル
3つの新たな海底ケーブル
提供:Google

 これらのベンチャー事業によって、Googleが出資して直接所有する海底ケーブルは11に増える。同社はそれ以外にも多数の海底ケーブルをリースしている。

 Googleのネットワークは光ファイバ接続と海底ケーブルによって、100を超えるPOP、7500を超えるエッジノード拠点、90を超える「Cloud CDN」拠点、47の専用インターコネクト拠点、15のGCPリージョンをつないでいる。Googleによると、同社のネットワークは世界のインターネットトラフィックの最大25%を支えているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]