logo

ソニーの低コストの動画制作ソリューション「isuca」--用途に合わせて自動で編集

加納恵 (編集部)2018年01月16日 18時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月16日、自動動画制作ソリューション「isuca」を、ファッションECサイト向けに導入したと発表した。


 isucaは、ソニーの新規事業創出プログラム(Seed Acceleration Program)から生まれた新規事業。2017年3月にサービスを開始し、ライブハウスなどへの導入実績がある。

 カメラを中心とした動画撮影システム、操作用のアプリケーション、自動編集を行うクラウドサーバーから構成され、撮影システムはスタジオなどに常設し、撮影は専用アプリケーションをインストールしたパソコンやタブレットから可能。動画撮影専門のスタッフがいなくても、簡単で効率的な撮影ができる。

 撮影した動画は、自動的に専用クラウドサーバへ転送され、ソニーのディープラーニング技術「Neural Network Libraries(ニューラル ネットワーク ライブラリ)」を活用したアルゴリズムによって、用途に合わせた動画コンテンツに自動編集。納品も自動化されており、編集を終えた動画は即座に指定されたサーバに格納される。


 今後は、ファッションECサイトへ向けた導入を加速しながら、事業領域を拡大し、動画制作の自動化、省力化に向け、さまざまな用途で利用可能な動画制作プラットフォームを目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]