logo

ソニー、1月11日(ワンワンワン)でaiboの販売を開始--オーナーに手渡しも

加納恵 (編集部)2018年01月11日 16時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、自律型エンターテインメントロボット「aibo」の発売を、1月11日(ワンワンワン)に開始した。東京・品川のソニー本社では、「aibo Birthday Ceremony」が開かれ、aiboオーナーたちが招かれた。


オーナー代表者とハイタッチするaibo

「aibo」。コクーンと呼ばれるケースに収められている

 aiboは、ソニーが1999年に発売した犬型ロボット。「ERS-110」「ERS-7」などの新製品を販売してきたが、2006年に生産、販売を終了した。しかし、2017年11月1日に12年ぶりにaiboの復活を発表。約1年半の開発期間を経て、新モデルが登場した。

 親近感のあるルックスや本体とクラウドを連携して実現する独自のAIを搭載していることが特徴で、オーナーとのやり取りにより成長する、「育てる喜び」が味わえる。オーナーとのやり取りのデータは、クラウド上のAIが集合知として蓄積することで、さらに賢く進化するという。

 本体には64bit Quad-Core CPUを内蔵しているほか、感圧・静電容量方式タッチセンサ、静電容量方式タッチセンサ、人感センサ、照度センサ、6軸検出システムなどを搭載。カメラとマイクを備え、なでられたり、ほめられたりすることで成長する。

 aiboを使用するためには「aiboベーシックプラン」の加入が必要で、3年分の一括払い(税別価格:9万円/月あたり2500円)と、月払い(月額税別価格:2980円/36回)を用意。加えて、不具合や故障が発生した際に修理代が割引となる有償の「aiboケアサポート」も用意する。

ソニー執行役員ビジネスエグゼクティブAIロボティクスビジネスグループ長の川西泉氏
ソニー執行役員ビジネスエグゼクティブAIロボティクスビジネスグループ長の川西泉氏

 会場には、2017年11月1日にソニーストアオンラインにて予約受付をしたオーナーを抽選で招待。オーナー代表の5組には、ソニー執行役員ビジネスエグゼクティブAIロボティクスビジネスグループ長の川西泉氏からaiboが手渡された。

 川西氏は「aiboには、今までのソニー製品にはなかった成長できるという特徴がある。開発にかかった1年半の間には、多くの技術的課題があったがそれらを乗り越え、オーナーの方に届けられる日がきたことに感謝したい。aiboは毎日大切に育てることで、私たちが想像していなかった仕草を見せるかもしれない。ぜひかわいがってほしい」とコメントした。

 aiboのソニーストアにおける税別価格は19万8000円。現時点では、1月14日23時59分時点で「aiboニュースメール」登録者を対象にした特別抽選販売の案内が告知されている。


ソニーの川西氏からオーナーにaiboを手渡し

-PR-企画特集