logo

ソフトバンクを「電波法違反」で厳重注意--総務省

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省 中国総合通信局は1月10日、固定局4局について無線局の免許を受けずに運用を行っていたとして、ソフトバンクを厳重注意したことを発表した。

 ソフトバンクは、設備の撤去の際の社内関係部門間の連絡が不十分であったとして、2016年の1月と2月にそれぞれ固定局2局、計4局の無線局廃止届を誤って提出。総務大臣の免許を受けない状態で無線局を運用していたという。

 同局によると、これらの行為は電波法(昭和25年法律第131号)第4条の規定(無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない)に違反しており、電波法の遵守および、再発防止を徹底するよう、同社を厳重注意したとしている。

-PR-企画特集