logo

プロセッサの脆弱性「Spectre」と「Meltdown」について知っておくべきこと - (page 3)

Laura Hautala (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年01月05日 14時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既に被害はあったのか?

 研究者、プロセッサメーカー、コンピュータ企業のいずれも、ハッカーがこれらの脆弱性を使ってコンピュータを攻撃した例はまだないとしている。だが、設計上の欠陥の詳細とそれらを悪用する方法が公開された今、ハッカーがこれを悪用する可能性ははるかに高まった。

 良い知らせは、脆弱性を使うにはハッカーは個々のコンピュータに悪意あるソフトウェアをインストールする必要があることだ。つまり、コンピュータの機密情報を盗むために攻撃を仕掛ける前に、まずターゲットを選び、1台ずつソフトウェアをインストールしなければならないということだ。

自己防衛のためにできることは?

 プロセッサメーカーやコンピュータメーカーがソフトウェアアップデートが配布されたら、それらをすぐにインストールすべきだ。また、ハッカーがこの脆弱性を利用するためにはあなたのコンピュータに悪意あるソフトウェアをインストールする必要があるのだから、それを阻止するために最善を尽くすべきだ。

 つまり、ウェブブラウザや(もしまだ使っているなら)「Flash」をはじめとする、コンピュータにインストールしてあるすべてのソフトウェアを最新の状態にしておくべきだ。その上で、セキュリティソフトを実行することで、自分のコンピュータに悪意あるソフトウェアが潜んでいないかを確認しよう。

 最後に、フィッシングメールに注意しよう。リンクをクリックさせて悪意あるソフトウェアをダウンロードさせるフィッシングメールは、いまだにハッカーが被害者のコンピュータに侵入するために使う手口のナンバーワンだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]