logo

アップル、日本でもiPhoneバッテリ交換料金の減額を発表--性能抑制問題で

坂本純子 (編集部)2017年12月31日 11時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間12月28日、古いバッテリを搭載する「iPhone」の性能への対応に関して誤解を招いたことについてウェブサイトに謝罪文を掲載。さらに、保証期間を過ぎたiPhoneのバッテリ交換の価格を引き下げるとともに、ソフトウェアアップデートを2018年の早い時期に配信し、バッテリの状態を確認しやすくする機能を提供するとしている。

 これを受けて、日本でも「iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと」と題したウェブページを公開するとともに、保証対象外のiPhoneのバッテリ交換を8800円から3200円にするとし、5600円の減額を発表した。2018年12月まで全世界で継続する方針だ。なお、詳細は近日中に発表するとしている。


ウェブサイトに掲載するされた説明

 なお米国では、期限を過ぎたバッテリの交換について、「iPhone 6」以降のモデルで交換が必要な場合、通常は79ドルの交換価格を、1月中に29ドルにすると発表している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]