logo

グーグル、「Pixel」推進に向けインドに実店舗を計画か

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年12月27日 08時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが「Pixel」スマートフォンの販売促進を目的にインドに実店舗を開設する準備を進めていると、Economic Timesが報じている。


提供:CNET/CBS Interactive

 インドでの実店舗開設は、Googleがこの数週間で開設した十軒ほどのポップアップストアに続く動きとなる可能性がある。ポップアップストアには、第2世代Pixelの低光量時のカメラ性能を示すための暗室が用意されている。Googleはこれまで、オンラインストア「Google Play」やサードパーティーの小売業者による販売に依存していた。

 インドのモバイル利用者数は12億人にも上り、サムスン、小米(シャオミ)、Oppo、Vivo、Appleなどの企業がスマートフォン市場において好調な業績を上げている。10月には、インドが米国を超えて、中国に次いで世界第2位のスマートフォン市場となった。

 Economic Timesの情報筋らによると、小売店舗では、「Google Home」、「Chromecast」、PixelノートPC、「Daydream View」といったGoogleの他の製品も販売される可能性があるという。実店舗の開設は2018年後半になるかもしれないとEconomic Timesは報じている。

 Googleは、ハードウェア事業の重点項目を見直し、「Googleアシスタント」や「Android」ソフトウェアなどの人工知能(AI)ツールのテストに力を注いでいる。

 米ZDNetはGoogleにコメントを求めているところだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]