logo

完全ワイヤレスから40万円超まで--e☆イヤホンが選んだ気になるイヤホン10選

加納恵 (編集部)2018年01月01日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
約5年ぶり、待ちに待った後継機が登場--ゼンハイザー「IE 800 S」

 ゼンハイザーから約5年ぶりに登場した新モデル。フラッグシップ機「IE 800」の後継機として納得の行く仕上がり。

 ダイナミックドライバ1つのワンドライバながら、音の広がりを感じられる再生音は、ゼンハイザーならでは。ワンドライバのため、筐体もコンパクトで、長時間聴いても聴き疲れしない。

 ダイナミックとバランスドアーマチュアドライバのハイブリッドモデルや、複数ドライバを搭載したモデルが登場してくる中、ワンドライバでここまでの空間表現をできるのは本当に魅力的。解像度も高く、まず聴いて欲しい1台。
Scroll Right Scroll Left

約5年ぶり、待ちに待った後継機が登場--ゼンハイザー「IE 800 S」

 ゼンハイザーから約5年ぶりに登場した新モデル。フラッグシップ機「IE 800」の後継機として納得の行く仕上がり。

 ダイナミックドライバ1つのワンドライバながら、音の広がりを感じられる再生音は、ゼンハイザーならでは。ワンドライバのため、筐体もコンパクトで、長時間聴いても聴き疲れしない。

 ダイナミックとバランスドアーマチュアドライバのハイブリッドモデルや、複数ドライバを搭載したモデルが登場してくる中、ワンドライバでここまでの空間表現をできるのは本当に魅力的。解像度も高く、まず聴いて欲しい1台。

 Bluetoothによるワイヤレスモデルから、カスタムIEM、ハイブリッドドライバを備えた有線モデルなど、2017年も数多くのイヤホンが登場した。中でも選択肢が増えたのは、イヤホンの左右のケーブルを省いた完全ワイヤレスモデルだ。

 2017年に登場し、2018年注目のイヤホンは何か。ポータブルオーディオの専門店であるe☆イヤホン注目の10モデルを広報戦略室長である松田信行氏に紹介してもらった。なお、記事内の価格については、市場動向等にて変動の場合もある。

約5年ぶり、待ちに待った後継機が登場
コラボで実現したバランスのよいユニバーサルモデル
見た目以上の装着感を提供する完全ワイヤレス
広がり感、立体感ある音の秘密はドライバの同軸配置
カスタムIEMを迷っている人に勧めたい1台
低域にメリハリ、ハイブリットの良さを極める
圧倒的注目度、多機能完全ワイヤレスと言えばこれ
アートのような美しい見た目にキレの良い再生音
一度は聞きたい、イヤホン最高額の音質
1台は持っておきたいワイヤレスのマストアイテム

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]