logo

スノーデン氏、新セキュリティ監視アプリ「Haven」を共同開発

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高森郁哉 (ガリレオ)2017年12月25日 10時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国家安全保障局(NSA)による米国人の携帯電話への監視活動を内部告発したEdward Snowden氏が、個人の安全を守る新しい「Android」用アプリ「Haven」を共同開発した。開発者らによると、このアプリは「ポケットの中の『安全な場所』になること、あるいは『悪意ある客室係』からの攻撃を打ち負かす手段になること」を目的に設計された。

 Snowden氏がプレジデントと理事を務めるFreedom of the Press Foundation(報道の自由財団)と、Guardian Projectが協力して開発したHavenは、あらゆるAndroidフォンに「動き、音、振動、光を検知して、予期せぬ他者や望まない侵入者を警戒する」機能を持たせる。

 このアプリの基本的な仕組みは、動きや雑音などに反応して起動し、画像や音声を保存するというものだ。それ以降は、デバイス上で起きるすべての操作を保存する。また、デバイスが侵入を検知するとすぐにセキュリティ通知を送信し、持ち主がいつでもリモートでログにアクセスできるようにする。

 同アプリは現在ベータ版が公開されている。Githubに公開されたアプリに関する説明によると、開発者は次のように述べている。「われわれは、調査報道のジャーナリスト、人権擁護者、強制失踪のリスクがある人々のためにHavenを開発した。Havenは、市民が最悪な部類の者たちから身辺を脅かされることなく、彼らに口を封じられることを防いでくれる」


Edward Snowden氏
提供:Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]