logo

シャープ、共同CEO体制を発表--次期CEO選出にらみ、1月1日から実施

加納恵 (編集部)2017年12月24日 12時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは、2018年1月1日以降に実施する共同CEOの設置について、考え方を発表した。代表取締役社長の戴正呉氏を含む4名で運営していくという。

 共同CEOになるのは、戴氏、副社長執行役員 AIoT戦略推進室長兼欧州代表の石田佳久氏、副社長執行役員 管理統轄本部長の野村勝明氏、代表取締役の高山俊明氏の4名。事業軸、地域軸、事業経営責任を分担していくという。

 シャープは、12月に東京証券取引所市場第一部に復帰。復帰会見の中で、共同CEO体制への移行を発表していた。戴氏は今回の共同CEO体制を、次期CEO育成のためとしており、今回の発表でも、将来のCEO選出を睨んだ、外部人材を含む人材プールとして設置するとしている。

シャープ共同CEOの考え方
シャープ共同CEOの考え方

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]