logo

「Amazon Fire TV」にFirefoxが登場--YouTube「遮断」への対策か

David Carnoy (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 長谷睦 (ガリレオ)2017年12月21日 11時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  Amazonは米国時間12月20日、「Amazon Fire TV」および「Fire TV Stick」のすべてのユーザーが、同日より「Firefox」またはAmazonのブラウザ「Silk」を使って、テレビ画面でウェブを閲覧できるようになると発表した。

Fire TV Stick
Fire TV Stick
提供:Sarah Tew/CNET

 プレスリリースによると、Fire TVユーザーは今後「Facebook、Twitter、Yahoo、Redditといった人気サイトや、地元や世界のニュースサイト、動画共有サービス、クラウド写真サイト、その他のソーシャルニュース、スポーツ、娯楽コンテンツを含めた」ワールドワイドウェブにアクセスできるという。

 だが、このリリースで言及されていないサイトが1つある。youtube.comだ。

 Googleは5日、Fire TV(および同じAmazonの「Echo Show」)でのYouTubeの提供を、2018年1月1日付で停止することを明らかにした。Googleがこれを決めた理由の一部は、AmazonがYouTubeと競合する独自サービスを開発している可能性があることだと考えられている。

 AmazonがFire TVへのウェブ閲覧機能の追加に向けて、以前から取り組んでいた可能性は十分にある。しかし、この新しいウェブ閲覧機能は、1月1日以降もFire TVのユーザーがYouTubeのコンテンツにアクセスするための、かなり巧妙な回避策のようにも思える。もちろん、YouTubeを含めた特定のサイトへのアクセスをブロックしてこの回避策を封じることは、技術的には可能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]