logo

ソニー、小型ToF方式の距離画像センサを商品化--ロボットやVR市場に活用

加納恵 (編集部)2017年12月19日 16時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーとソニーセミコンダクタソリューションズは12月19日、小型化を実現した1/2型でVGAの解像度をもつ裏面照射型Time of Flight(ToF)方式距離画像センサ「IMX456QL」を商品化したと発表した。ロボットやドローン、VRなどの市場で、ジェスチャー認識や物体認識、障害物検知のため活用するという。

Time of Flight(ToF)方式距離画像センサ「IMX456QL」
Time of Flight(ToF)方式距離画像センサ「IMX456QL」

 ToFセンサは、小型で正確な距離画像の取得ができるセンサーが求められており、新センサは、10µm角画素の開発により小型を実現。遠距離から近距離まで高精度な測距を可能にすることで、これらの領域における応用の幅を広げる。

 反射光信号の読出し精度を上げるための画素技術と、裏面照射型CMOSイメージセンサの画素技術を融合させることで、集光効率の向上と、測距のための高速な処理を可能にしているとのこと。従来のToF方式では距離の測定が難しかった約10mの遠距離においては、感度を高める駆動モードの搭載により、高い検出率を実現でき、約30cmから約1mの近距離では、VGAの解像度で高精度な距離画像の取得ができるとしている。

 2018年4月からサンプル出荷を開始し、量産出荷は11月を予定。税別サンプル価格は3000円になる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]