logo

暴力を排除するTwitterの新ルール、軍と政府は適用外

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年12月19日 08時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは、暴力的な脅しに対する対策を強化しているが、その適用外となる団体がある。


提供:James Martin/CNET

 Twitterは米国時間12月18日、ヘイトグループや暴力を扇動する組織による同社ソーシャルネットワーク上の悪質な行為を取り締まるための新たなルールを発表した。しかし、暴力を取り締まるためのその対策には制約がある。

 「このポリシーは、軍隊や政府機関には適用されず、また、平和的解決に現在従事する(またはこれまでに従事してきた)団体は除外することを検討するつもりだ」と、Twitterは18日に詳細を発表した新ポリシーの中に記載している。

 つまり、ロシアとウクライナのTwitter正式アカウント間で敵意を持って交わされるやり取りなどは、このポリシーに反しているとはみなされないし、Donald Trump米大統領のツイートも適用外らしい。Trump大統領は同ソーシャルネットワークで、北朝鮮を脅すようなツイートを何度か発信している。

 Twitterは、同社のポリシーにときどき違反しているように見えるTrump大統領のツイートをめぐって批判にさらされている。Twitterの最高経営責任者(CEO)を務めるJack Dorsey氏は12月上旬、Trump大統領の反イスラムツイートがオンラインから削除されない理由を正当化できなかった。Trump大統領は、ポリシーに違反している疑いのある動画をリツイートし、そのうちの1つは明らかに攻撃の様子を示したものだった(その動画は後に、誤りであったことが明らかになっている)。Trump大統領がリツイートした元のアカウントは、新ポリシーの一環として18日に凍結された。

 新しいポリシーは「暴力的な過激派組織」などに適用され、同社によると、「民主的な選挙により公職に選出された代表者のいる団体」は例外が考慮されるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]