logo

Facebook、シェアなどを要求する投稿への対策を強化へ

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年12月19日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「これをシェアすると、洗剤1カ月分が当たるキャンペーンに参加できます!」

 このような内容の投稿をニュースフィードに表示してきたFacebookの友達が、おそらく誰にでも1人はいるにちがいない。そして誰もがそれを見てうんざりする。そうした行為を繰り返す友達を、ミュートボタンで撃退した人もいるだろう。

 このような問題がまもなく過去のものとなるはずだ。Facebookが「エンゲージメントベイト」(engagement bait)と呼ぶものを利用する投稿にペナルティを科すことにしたからだ。エンゲージメントベイトとは、リーチを増やすためにその投稿を「いいね!」、共有、コメントすることをユーザーに要求するものだ。

 Facebookは米国時間12月18日付けのブログ記事で、こうした効果を狙った投稿やページの優先順位を下げる(表示を減らす)とした。こうした行為を繰り返すユーザーには特に厳しく対処するという。


エンゲージメントベイトの例
提供:Facebook

 今回の更新によって、支援、助言、提案を求める投稿に悪影響が生じることはないと、同社は明確に述べた。

 この種のスパムに対する対策を強化することによって、Facebookは、ユーザーのニュースフィードに表示される投稿の「信ぴょう性」を高めたいと考えている。クリックベイト記事対策に続く次なるステップだと、同社は述べた。

 ユーザーがエンゲージメントベイトを公開しないよう支援するために、Facebookは「ニュースフィードパブリッシャー向けのガイドライン」を更新し、例や詳しいFAQセクションなどの情報を追加した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集