logo

サムスン、2018年前半に「Bixby」搭載スマートスピーカを発売か

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年12月15日 11時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Bloombergによると、サムスン電子が「Amazon Echo」や「Google Home」などに対抗して、2018年前半にスマートスピーカの発売を計画しているという。このスマートスピーカは「Galaxy S8/S8+」に搭載されているサムスンの音声アシスタント「Bixby(ビクスビー)」を採用し、スマートホームアプライアンスを接続することを目指す。

 サムスンがこのスマートスピーカにどのような名前を付ける予定なのかは不明だが、Bloombergの報道によると、価格は200ドル前後(約2万2500円)になり、音質を重視したものになる可能性があるという。サムスンの狙いは、スピーカを同社のIoTプラットフォーム「SmartThings」のエコシステムや、スマート冷蔵庫、Galaxyスマートフォンなどのサムスン製デバイスのハブにすることだ。

 サムスンはこのスマートスピーカを複数の市場で発売する予定である、とBloombergは報じた。また、音声ベースのウェブ検索に関して性能を改善しているところだという。


提供:file photo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]