logo

アマゾン、「Apple TV」と「Google Chromecast」の販売を再開へ

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年12月15日 10時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間12月14日、2年前に自社ウェブサイトから削除した動画ストリーミングデバイス2製品「Apple TV」と「Google Chromecast」の販売を再開することを明らかにした。どちらもAmazon独自の製品「Fire TV」と競合するデバイスだ。

Apple TV(写真左)とApple TV 4K
Apple TV(写真左)とApple TV 4K
提供:Sarah Tew/CNET

 Amazonの広報担当者は14日、米CNETの取材に対し、両デバイスの在庫補充計画に言及した上で、「当社がApple TVとChromecastを取り扱うことは事実だ」と認めた。

 Amazonは米国向けウェブサイトに、Apple TVおよび「Apple TV 4K」の2モデルと、Google Chromecastおよび「Google Chromecast Ultra」の製品情報ページを追加した。これらのデバイスはまだ販売が始まっていないが、まもなく購入できるようになると考えていいだろう。

 今回の方針転換により、特にAmazonとGoogleの間で激化していた対立は収束に向かう可能性がある。両社の対立により、Googleは先週、Amazon製「Fire TV」と「Echo Show」へのYouTubeの提供をやめると発表していた。

Amazonの米国向けウェブサイトに掲載されたGoogle Chromecast
Amazonの米国向けウェブサイトに掲載されたGoogle Chromecast
提供:Screenshot by CNET

 「当社はAmazonとの間で、共通する顧客の利益のために合意に達するべく、建設的な協議を進めている」とGoogleの広報担当者は14日に述べ、「近いうちに合意に達し、これらの問題を解消したいと考えている」とした。

 Appleの担当者はコメントの依頼に応じなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集