logo

LINE、“誤爆”したメッセージの「送信取消」機能を提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは12月13日、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」において、24時間以内に誤送信したメッセージを取り消せる「送信取消」機能を公開した。LINEの最新バージョンで利用できる。

 誤送信したメッセージを長押しして表示される「送信取消」を選択すると、送信者と送信相手の端末両方から対象メッセージを取り消すことが可能。


「LINE」のメッセージ送信取り消しが可能に

 対象となるメッセージは、24時間以内に送信したテキストとスタンプ、画像、動画、ボイスメッセージ、URL、LINE MUSIC、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴の既読・未読両方のメッセージ。グループトークや複数人トークにも対応しており、スマートフォンに加えて、デスクトップ版も利用できる。

 ただし、取り消し後は、取り消したという内容が送信者と送信相手のトークルーム上に表示されるほか、Chrome版では、相手が取消したメッセージは反映されるが、送信したメッセージそのものを取消すことはできない。また、スマートフォンに届く通知メッセージは取り消すことができないとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]