logo

Uber、強姦被害者の医療記録入手をめぐる裁判で和解

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高森郁哉 (ガリレオ)2017年12月11日 12時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:James Martin/CNET

 Uber Technologiesは、インドで乗客の女性が運転手に強姦された事件に関連し、同社がこの被害者の医療記録を不正に入手したとして訴えられていた裁判で和解した。

 米国時間12月8日に提出された裁判所文書によると、2018年1月にこの訴えは取り下げられるという。和解の内容は明らかにされていない。

 2017年6月にカリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所に提起されたこの裁判では、プライバシーへの介入、プライバシーに関する事柄の公表、名誉毀損が申し立てられた。訴状によると、複数のUber幹部は、被害者の女性がUberのライバル企業の1社と共謀して「強姦されたと虚偽の主張を行った」と主張したという。

 この女性は2014年12月にデリーでUberの運転手による強姦の被害に遭った。当時、被害者はUberの怠慢と不正が犯罪を招いたとして同社を訴え、2015年に和解している。犯人は有罪となり、終身刑を言い渡された。

 Uberは2017年11月にも、運転手による性的暴行の疑いで異なる2件の訴訟を提起されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集