logo

クアルコムとバイドゥが提携--スマホやIoT機器の音声AIアシスタントを改良へ

Jake Smith (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高森郁哉 (ガリレオ)2017年12月11日 11時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Qualcomm Technologiesと百度(バイドゥ)は米国時間12月7日、戦略的提携を締結した。両社は今後、バイドゥの音声AIシステム「DuerOS」を最適化し、スマートフォンやIoTデバイス向けのAI音声およびスマートアシスタントソリューションを改良することで協力する。

 提携の詳細は、Qualcommがハワイで開催した「Technology Summit」で発表された。Qualcommは、バイドゥとの提携により、OEM各社は「より優れたユーザー体験をもたらすAI音声ソリューションを自社デバイスに搭載し、より短期間で市場に投入する」ことが可能になると説明した。

 2015年にリリースされたDuerOSは、携帯電話、テレビ用セットトップボックス、スマートスピーカで利用できるAI音声アシスタントシステムだ。今回の提携の主眼は、このDuerOS技術をQualcommの「Aqstic」ハードウェアおよびソフトウェアに最適化させて、常時稼働、低電力、音声起動、エコー除去、ノイズ抑制などをシステムに組み込むことになるだろう。

 Qualcommは、同社の次世代モバイルプロセッサ「Snapdragon 845」もDuerOSの最適化の対象となり、最初の1年は同プロセッサが取り組みの中心になると述べた。

Snapdragon 845
Qualcommは先週、Snapdragon 845を発表した。
提供:Qualcomm

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]