logo

LINE、スマートスピーカ第2弾「Clova Friends」を12月14日に発売--予約受付を開始

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2017年12月08日 12時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは12月7日、AIアシスタント「Clova」を搭載したスマートスピーカの第2弾「Clova Friends」の予約販売を12月8日に開始した。LINE FRIENDS STORE ONLINEのほか、楽天でも購入可能。配送は12月14日以降を予定している。また、各家電量販店の公式サイトでも予約受付を順次開始し、12月14日からは全国の家電量販店対象店舗で販売を開始するという。

 価格は8640円だが、発売を記念したキャンペーン商品として、Clova Friends本体と4000万曲以上の楽曲が聴き放題になる「LINE MUSIC」(月額税込960円)が6カ月間セットになった「Clova Friends + LINE MUSIC セット」を、6750円で2018年3月31日まで販売する。


 同社は、8月に第1弾となるスマートスピーカ「Clova WAVE」を先行発売し、10月5日に正式販売を開始していた。新たに販売するClova Friendsでは、LINEキャラクターであるブラウンをモチーフとした「Clova Friends BROWN」と、サリーをモチーフにした「Clova Friends SALLY」の2種類を用意。パートナーや家族の一員のように親しみを持って毎日話しかけてもらうことを想定して、キャラクター性を持たせたという。

 本体には、2850mAhのバッテリを搭載しながらも重量は378gと、片手でも持ち運べる仕様となっている。また、耳の部分がマイクになっていたり、鼻/くちばしを1度押すと一時停止、長押しすると「Clova」と声をかけたことと同じ状態となるなど、より感覚的に操作できる仕掛けも設けた。物理的なボタンとして、背面にマイクオフや音量の調整に加えて、Clova WAVEで使用されているBluetoothペアリングボタンも設けた。

 機能としては、音楽の再生、天気、占いやニュースの読み上げ、LINEメッセージの送信・読み上げなどに加え、「LINE」の無料音声通話の発信が12月下旬までに可能になるという。これにより「○○さんに電話をかけて」というように、携帯電話を操作することなく音声のみで通話ができるようになるとのこと。


クレードルイメージ

 さらに今後のアップデートにより、着信機能にも対応する予定。Clova WAVEでユーザーから反響が多かった、赤外線コントローラに対応したTVや照明の操作も、オプションのクレードルを設置することで可能にする予定だという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]