logo

アップル、早ければ2018年にも独自の「iPhone」電源管理チップを製造開始か

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年12月01日 10時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nikkei Asian Reviewの報道によると、Appleは早ければ2018年にも独自の「iPhone」電源管理チップを製造する可能性があるという。Appleは現在、サプライヤーであるDialog Semiconductorのチップを利用している。電源管理チップは、iPhoneを正常に充電し、エネルギーを過剰に消費しないようにするのに重要な役割を果たす。

 Nikkeiの匿名情報筋の1人によると、Appleは2018年に約半分のチップを置き換える可能性があるという。別の情報筋は、その変更は2019年に延期されるかもしれない、と述べた。Appleが開発中とされるプロセッサは「業界で最も高度なものになる」見通しであり、Apple製デバイスのパフォーマンスを向上させ、なおかつ電力消費も軽減するだろう、とNikkeiは報じている。

 Nikkeiによると、電源管理チップは、デバイスの頭脳として働くメインのアプリケーションプロセッサ、モデム、メモリチップに次いで最も高価なコンポーネントの1つだという。Appleは既に独自のアプリケーションプロセッサを製造しているが、モデム(Qualcomm製やIntel製)やメモリチップ(サムスン製)については、サプライヤーに依存している。

 この報道を受けて、Dialogの株価は欧州で約19%下落した。Dialogは売上高の大半をAppleから得ている。

 Dialogは声明の中で、「当社の主要顧客の設計サイクルに対する見通しは、引き続き同じレベルを維持している。顧客との取引関係は、通常のビジネスの過程に沿ったものだ」と述べた。

 Appleにコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。


提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集